青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
touch2.jpg


 これまでこの作品を見るのは避けていたのですが、「眉山」の犬童一心監督作品ということで見ることにしました。でも、やっぱり見ない方が良かったかも。

 長澤まさみを浅倉南役に抜擢し、南が主人公の物語として作られたこの作品。現在において映画化する場合、一番南役にふさわしいだろうと考えられる長澤まさみでも、やはり南の役は荷が重すぎたように思います。それは、私たちの世代にとって(それ以降のファンにとっても)浅倉南は永遠のアイドルであって、それぞれの心に、自分だけの南が出来上がっているからです。例えば「ルパン三世カリオストロの城」のクラリスを誰かが演じるなど考えられないように・・・。かつて「愛と誠」でも早乙女愛を演じた早乙女愛はきびしかったですね。そして、その後の彼女(役者早乙女愛)の変貌は、石清水君でなくてもとても辛かったと思います。(笑)※少しヤバイ世界に入りつつありますね。(笑)

 一方、長澤まさみはどんな役をしようと圧倒的に長澤まさみ自身の魅力が全面に出てきてしまうわけで、既成のキャラクターの枠になど入れることなど不可能なのだと思います。浅倉南を演じているときの長澤まさみはとても窮屈そうで、時折見せる彼女本来の表情には輝きが見られるのだけれど南とは違うもので・・・。このジレンマを背負いながらのこの映画、やはり私たちが好きだった「タッチ」ではありませんでした。

 とはいえ、甲子園をかけた球場のシーンはそれなりに臨場感もあり、良くできていたように思います。まぁ、幼稚なCGはご愛敬として。(笑)そこで気が付いたのですが、犬童監督はエキストラで球場を満杯にした野球シーンが撮りたくてこの仕事を引き受けたのではないでしょうか?というのも、「眉山」を引き受けた理由の一つに、たしか「阿波踊りが撮れるから・・・。」というのがあったように思うから。もしそうであれば納得。「ジョゼと虎と魚たち」の犬童監督がどうして「タッチ」を?という疑問が解決できないでいたのです。まぁ、私と同世代の監督も「タッチ」を知らない青春時代を送っているはずはないから、いつかは映画化を!と思っていたという可能性もあるのですが・・・。

 とにかく、漫画やアニメでイメージができあがっている作品の実写化はとても難しいということではないでしょうか。今日、同じあだち充作品「ラフ」が公開されましたが、こちらの出来はどんなものか?また長澤まさみが主役ですが、このような安易な企画、彼女にはこれを最後にして欲しいですね。彼女には他に素晴らしい役がきっとあるはずですから。

 犬童監督。「眉山」のあとは、私が大好きな永島慎二の「黄色い涙」を"嵐"の5人を主役にして撮るのだとか。こちらは大いに期待したいと思います。

 最後に、犬童監督にお願い

 「黄色い涙」のあとの企画に、「ぼっけもん」(岩重孝作)を是非候補作の一つにして下さい。私たちが青年だった頃の鹿児島、東京、徳島が舞台のこの漫画。今の時代だからこそ映画化して欲しい作品です。よろしくお願いします。
 ※このblog、絶対読んでくれていないだろうなぁ・・・。

 クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト
ooinaru.jpg


 とても楽しい映画です。見ている途中はニコニコ、見終えたときは温かいものが心に残ります。そして、幸せな人生とは・・・と、少し考えさせられます。

 カナダ、ケベック州の小さな島。かつては漁業で栄え、活気に満ちていました。しかし、時代の流れに取り残され、漁業の不振が追い打ちをかけて、住民は生活保護で細々と暮らしていかざるを得ない状況に。いつしか誇りも失い、島はますます活気を失い・・・。
 そこへ、工場誘致の話。これで仕事をすることが出来る。大喜びする島の人たち。ところが、工場を建てる条件を満たすことが出来ません。島には医者がいないのです。そこで・・・。
 
 最近ちょっと疲れ気味の人。人を信じることができなくなっている人。是非この映画を見て下さい。島の人々の可笑しくも少し哀しいウソが、あなたの心をきっと癒してくれますよ。

 詳しくは「シネマッド・ファミリー」の映画日記で。

 クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
niraikanai.jpg



 いい映画です。
 南の島の景色を見ながらゆったりと・・・、なんていう軽い気持ちで見始めたのですが、ラストまで目を離すことが出来ませんでした。でも、ハラハラドキドキといった展開ではありません。時間を超えた親子の愛情が、静かに丁寧に描かれていきます。「岸辺のふたり」のように。

 蒼井優は、これが映画初主演作でしょうか。決して美人というわけではないのだけれど、「放っておけない」魅力というのでしょうか、彼女でなくては出すことが出来ない不思議な雰囲気を持っていますね。上野樹里が役によって七変化するのとは対照的に、蒼井優の場合は役が彼女の方に近づいてくるように、どの役をしても蒼井優で、それが許される数少ない女優だと思います。

 こんな映画が作りたかったなぁ。そんなことを考えながら観ていました。

 詳しくは「シネマッド・ファミリー」の映画日記で。

 クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
 真夏の夜の夢・・・。映画「眉山」のクライマックス、阿波踊り演舞場シーンのエキストラも今日が最終日でした。本来なら昨夜が最終日だったのですが、18日(金)の撮影が雨で中止になったので、その日のエキストラ予定者は本日21日(月)に集合ということに。ということで日程調整ができなかった人もたくさんいたのでしょう、満員の演舞場とはいきませんでしたが、それでも撮影は順調に進んでいきました。
 今日は、松嶋さんや宮本さん、大沢さんの会話シーンが中心に撮影された関係で、一部の人しか撮影の様子が分からない時間が多かったのですが、助監督の人の巧みなリードで、エキストラは全体的にとても協力的で感心しました。
 そこで考えたことなんですが、連日2000人を超えるエキストラが集まり、5時間もの間、たとえ役者さんの姿や撮影の様子を見ることが出来なくても、絶対に撮してはもらえない席に座っていたとしても、じっと我慢して積極的に協力するのはどうしてなのか?人それぞれいろんな思いを持って参加しているとは思いますが、ほとんどの人の心の底にあるのは、この映画で徳島や阿波踊りを盛り上げて欲しいという思いではないでしょうか。
 撮影現場で、役者さんたちが登場すると、そのたびに拍手がわき上がります。それぞれの役者さんにはやはり独特のオーラがあって、人々の視線を釘付けにします。もっと見たい近づきたいという衝動を必死に抑えながら、チラッチラッと見えるその姿に大喜び。これはわれわれ素人の素直な感情ですね。その姿はとても微笑ましいものでした。私もその素人の代表のようなものですが。(笑)
 しかし、撮影現場がもっと盛り上がり、全ての人が笑顔になるのは、やっぱり阿波踊りが踊られているときなんですね。それも、撮影の合間に連の人たちがサービスで踊ってくれるとき。一瞬にして演舞場は一体になります。やっぱり阿波踊りはすごい。踊る阿呆も見る阿呆も、みんな本当に阿波踊りが好きなんだと思いました。
 私たちは・・・、いや私は、エキストラとして参加する日々の中で、この阿波踊りをちゃんと撮って欲しいという思いがどんどん強くなっていきました。だから、エキストラとして自分が出来る限りの応援をしたいとも思いました。そんな気持ちになったのは、私だけではなかったように思います。
 徳島で自慢できるものは阿波踊り以外にはありません。この機会を逃せば、これだけの規模で阿波踊りを撮影する映画は二度とないかもしれません。それだけに、この映画は成功して欲しい。

 5日間の撮影で4日間参加することが出来ました。映画が好きな私にとって、今回の経験はまさに夢のようなものでした。仕事をしながらだったのでとてもキツイ日もあったのですが、撮影現場に行くとワクワクして疲れも忘れます。いろんな人との出会いがあったことも忘れられません。役者さんたちが挨拶で語ってくれた私たちへのねぎらいの言葉で、ニコニコしながら帰路に着くことも出来ました。決してお金では買えない貴重な時間の中でちょっとしたことに一喜一憂、エキストラとはそんなものなんでしょうね。過去、数々の名作は私たちのような無名のエキストラたちが作ってきた・・・・これは言い過ぎですか。(笑)

 しかし、最後に一言だけ・・・。素晴らしい真夏の夜の夢だっただけに、どうしても残念だったことがあります。それは、監督からの言葉が聞かれなかったことです。映画は監督が作るもの。だから、私たちは監督のために出来る限りのことをしてきたはず。エキストラではあるけれど、いい映画になって欲しいという思いで私たちはつながっていると信じます。映画監督は作品で答えを出すものであって、エキストラへの労いなど監督が直接することではないのかもしれないけれど、「みんなでいっしょにいい映画を作ろう!今日はありがとう!」という一言があれば、私はこの夜のことを一生忘れなかったでしょう。

 監督にお願い。
 「眉山」をいい映画にして下さい。これはエキストラとして、またボランティアスタッフとして参加した徳島県人全ての願いだと思いますから。私たちは一番の観客となり、一番の広報係としてこの映画を支えたいと思います。
 ※エキストラ&スタッフを代表するかの如き発言、ご容赦下さい。

にほんブログ村 映画ブログへ
5753.jpg

 駆け抜ける青春恋は五・七・五!

 俳句甲子園を題材に、高校時代という特別な時間を爽やかに描いた文化系青春映画。
 「俳句なんてジジイのうわ言、ババアのたわ言!?」
 なんか、きびしいキャッチコピーですが、まぁ世間の俳句に対する考えを見事に言い当てているというか・・・。(笑)しかし、この映画を見終わったあとは、俳句をバカにする人に「俳句はポップなんだから!」とついいってしまいそうです。
 「ハチミツとクローバー」で気になっていた関めぐみの映画初出演作にして主演作ということで見たのですが、思いがけず面白い映画でした。彼女に興味がある人必見です。また、俳句に偏見を持っている人も是非見て下さい。

 詳しくは「シネマッド・ファミリー」の映画日記で。

 クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
 18日は雨のため撮影中止。仕事をしながらのエキストラ参加なので、正直恵みの雨でした。
 そして、3日目の撮影。これまでの経験を生かすべく、午後5時30分程に到着。指定された席は、初日に座った席の向かい側。ベストポジションです。おかげで、各役者さんたちの演技を間近に見ることが出来ましたし、監督やスタッフの動きもつぶさに観察することが出来ました。
 日が暮れると、秋の気配を感じさせる風が桟敷席を吹き抜けていきます。午後7時、予定通りに撮影が始まりました。
 今日の犬童監督は、過去2日と違って精力的に動き、役者さんたちにも細かな演技指導をしている様子が見えました。時にはエキストラに対して直接演技指導する場面も。撮影も3日目になると、全ての面においてこなれてきたというか、無駄な動きや時間がなくなってきたように思います。ということで、撮影は快調に進んでいきました。
 
 今日の撮影前半は、今日から登場の金子賢さんの場面が中心に進められました。ジャンクスポーツや格闘技の活躍でなじみの深い金子さんですが、目の前で真剣に演技をする姿を見て、役者金子賢の一面に触れることが出来ました。なかなかのナイスガイでした。

 後半はクライマックスシーンの撮影です。ネタバレになるので詳しくは書けませんが、松嶋さんの迫真の演技は感動ものでした。思わず見入ってしまいました。

 そして、快調に撮影が進みもうひと頑張り!・・・という午後11時になって土砂降りの雨。残念ながら以後の撮影は中止になりました。いい雰囲気で撮影が進んでいただけに残念です。映画とは本当に自然、特に天候に左右されるものだと再認識した次第です。まぁ、大林宣彦監督のエッセイにも書いてあったと思いますが、「やまない雨はない。」ということで、明日はきっと晴れて絶好の撮影日和になるでしょう。

にほんブログ村 映画ブログへ
 2日目です。さすがにちょっと疲れ気味。エキストラなのに・・・。(笑)

 前日と同じ時間に到着。さすがに改善?されていたせいか、撮影風景が見づらい=映りにくい場所を指定されました。やはり、前日早くから来た人から不満の声が出たのでしょうね、先着順にいい席に案内されたようです。自分は良い席ではなかったのですが、納得。
 しかし、何が幸いするか分かりません。撮影の合間の休憩時間、自然発生的に阿波踊りの乱舞!選抜阿波踊り級の踊りを目の前で見ることが出来ました。悪い席に座った人たちを決して飽きさせないという、踊り子やお囃子の人たちの心意気でしょうね。本当に楽しめました。

 撮影は、初日の分の取り直しのような感じでしたが、遠くてよく分かりません。まぁ、仕方ないか。ただ、何度か席替えがあり、だんだん撮影にも参加できるようになりました。これもスタッフの配慮でしょうか。
 そして、本日のクライマックス。深夜零時も近づき、本日の撮影が終了したとき、キャストの人たち全員からのご挨拶がありました。これは突然のことだったので、エキストラ、踊り子、お囃子一同大歓声がわき上がりました。それぞれのあいさつが素晴らしかったのですが、やはり宮本信子さんは「さすが!」と思わせる貫禄と意気の良さがありました。この映画の役(龍子)にピッタリです。松嶋菜々子さんもいいですね。この2日間で最高の笑顔を見せてくれました。みんな大喜びです。こういうことがあると、われわれ素人のモチベーションは一気に上がりますね。ボランティアとはいえ、ちょっとしたご褒美が欲しいですから。(笑)

 犬童監督の演出風景もしっかり見ることが出来ました。モニターで画面構成を確認しながら細かな指示を送り、それが無線を通じて全スタッフに伝わっている。監督のイメージを照明・音響・美術・メイクなどのプロたちが画面に映し出してみせる。連携作業が見事です。そして、現場の段取りを任されているのは助監督でしょうか。エキストラを巧みにリードしながら撮影を進行していきます。こうした経験をしながら、監督になっていくのでしょうね。ただ、そこまでたどり着けるのは本当にわずかな人でしょうが。

 2日目も楽しく終わることが出来ました。しかし、ちょっと疲れたかなぁ。明日はどうなることか・・・。

にほんブログ村 映画ブログへ
 さだまさし原作、犬童一心監督の「眉山」の撮影が、徳島で進んでいます。16日の夜からは、映画のクライマックスでの阿波踊りのシーン。一般募集で集まった2500人のエキストラと、阿波踊りの有名連からそうそうたる踊り子とお囃子500人が集まっての撮影です。私は、運良くエキストラの応募に当選したので(松嶋菜々子主演と発表されて応募者が殺到したとか)午後7時からの撮影に参加しました。
 徳島市の阿波踊りは8月12日から15日までなので、他の桟敷は全て撤去されたのですが、南内町演舞場だけはこの撮影のために残されました。また、周囲の道路も一時通行止めにするほどの協力ぶり、この映画にかける徳島の人たちの思いが伝わってきます。
 午後7時から深夜零時の撮影ということだったので、現場には6時45分に到着したのですが、その時には既に演舞場の8割方が埋まっていました。踊り子の人たちもスタンバイOKの状態で、既に熱気むんむん。前日までの熱狂的な阿波踊りの雰囲気がそこだけには残っているといった感じでした。
 「少し遅かったかな・・・」と思いつつ受付を済ますと、桟敷席の奥の方に案内されました。「ここからは撮影風景は見にくいなぁ」などと思ってガッカリしていたのですが、結果的にはそこがベストポジションで、クライマックスシーンの松嶋菜々子さんを正面に見ることが出来ました。また、夏八木勲さんもすぐそばの席にいましたし、大沢たかおさんや宮本信子さんもハッキリと見える・・・。まぁ、犬童監督の演出ぶりが見たくて応募したのですが、やはり有名人を前にすると素人の哀しさ、ミーハーになってしまいます。(笑)
 撮影は雨で2度の中断がありましたが、映画のクライマックスシーンの撮影も無事終了しめでたしめでたし。しかし、仕方がないこととはいえ、座った席によってエキストラの明暗がハッキリと別れたように思います。特に、早くから来た人ほど撮影場所からは遠い席に座らされたことで、相当のストレスがたまったように想像するのですが・・・。明日以降も撮影は続くので、早く来た人から条件のいい場所に案内した方がいいように思いました。
 それと、今日の撮影で一番盛り上がったのは、全ての撮影が終わったあとで踊り子の人たちがそれまでのうっぷんを晴らすかのように踊りまくった場面でした。長い撮影の間、同じことの繰り返しを求められる人もいれば、ひたすら待たされながら出番はほとんどない人もいたりして、それが映画の撮影とはいえイライラしていた人も多かったはず。撮影終了で解き放たれた踊り子たちが一気に爆発して踊りまくる様子にこそ阿波踊りの神髄が見られたように思います。観客席のエキストラたちも大喜びでした。みんな踊りたかったのだろうし、そんな踊りが見たかったんだなぁ・・・。(笑)
 台風の影響で明日以降の撮影が心配ですが、エキストラ1号、頑張りたいと思います。

 しかし、松嶋菜々子さんの顔は本当に小さかった(笑)。ビックリしました。当然美しかったですよ。
クリックをお願いします。

にほんブログ村 映画ブログへ
20060814181439.jpg

 「子猫をお願い」のペ・ドゥナが主演している日本映画ということで、前々から気になっていた作品です。なかなか面白い作品でした。

 女子高生の青春音楽映画(こんな風にジャンルを決めるのはどうかとも思いますが)ということで「スイング・ガールズ」と比較してみると面白いと思いますが、私はこちらの方が好きですね。演出が、地味だけど浮ついていないという点で。

 ラストに少し疑問が残るのですが、詳しくは「シネマッド・ファミリー」の映画日記で。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
20060810224601.jpg

 誰にでも、特別な映画があるものです。他の人には理解してもらえないのだけれど、自分にとっては宝物のような映画が。 
 私にとって「ラ・ブーム」はそうした映画の一つです。テーマ曲が流れるだけで、胸がキュンと締め付けられる(昭和的な表現で済みません)・・・。封印しているあらゆるものが蘇ってくる・・・。そんな映画です。
 1980年公開。フランスで大ヒットしたこの作品は、ソフィー・マルソーとともに、当時の日本の若者の心を鷲掴みにしました。(どうも全ての表現が昭和的だ・・・。)その頃、大学の映画部で映画作りをしていた私は、小難しい映画論などを闘わせていい気になっていたものでしたが、そんな理屈など関係なくとにかく可愛くて楽しいこの映画が大好きになりました。当然、ソフィー・マルソーの大ファンとなり、「ああ、このような女の子と素敵な恋が・・・」なんて考えたものです。しかし、冷静に考えてみると、この映画で彼女が演じたヴィックは13歳という設定だし、ソフィー・マルソー自身も15歳だったんですねぇ。完全なロリ趣味です。(笑)
 ということで、久しぶりに見直したのですが、これが25年前とは思えないほど新鮮で、楽しく、そしてやっぱりソフィー・マルソーは可愛かった。また、今見直すと、ヴィックの両親の離婚騒動なんかも身につまされたりしてこれまた面白い。まったく色あせない魅力に驚きました。初めてのブーム(パーティー)で、ヴィックの耳にウォークマンのヘッドフォンかけられるシーン。驚いて振り向くと、そこにはあこがれの彼が。曲は「愛のファンタジー」。見つめ合い二人だけのダンス。名シーンです。また、ブームに出かける衣装を母親の前で次々と着替えてファッションショーをする場面も忘れられません。この映画、単なる青春ドラマの枠を超えて、素晴らしい映画に仕上がっています。
 昔見た人はもう一度。まだ見ていない人は、是非見てもらいたい映画です。
クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。