青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
imouto1.jpg

 昭和の映画第2弾!
 かぐや姫の名曲「妹」が映画に。実は、これより前に「赤ちょうちん」が映画になっており、「妹」がレコーディングされる時には既に映画化の予定があったとか・・・。時代に飲み込まれていくフォークソングブームの象徴のようにも思えます。
 主演は「赤ちょうちん」に続いて秋吉久美子。やはりこの時代を代表する女優ですね。そして、その兄役に当時売り出し中の林隆三。(森本レオでなくてよかった。)
 物語は・・・・・。
 鎌倉で同棲していた男(耕三)と別れて、突然帰ってくる妹(ねり)。耕三も失踪しており、その家族も彼の行方を追っている。家の立ち退き問題とかいろんな問題がある中で、兄と妹の生活は、どうもギクシャクしてしまう。そして、・・・。
 意味不明の書き置きを残して突然いなくなってしまった妹を捜す兄。そして、耕三の妹。この2人に、妹の秘密を知る女性(片桐夕子)が言う言葉、「探すと死ぬよ。みんな探すから死ぬんだよね。」。それでも兄は妹を捜し続けるのであった・・・。
 ※分かりにくい説明ですみません。(笑)
 とにかく「兄と妹の辛くて甘くて酸っぱい共同生活!」(予告編より)ということです。
 かぐや姫の「妹」から作られた物語(脚本:工藤栄一)ということで、やはり曲のヒットに便乗したかな?という出来でした。
 
 でも、時代のムードを十分に味わうことが出来ました。この頃は、みんな何かに怒っていたんですね。新しい時代の到来を予感しながら、それまでの日本が(景色も人情も価値観も)みんな壊れていくことに対する不安のようなものが感じられました。それが、昭和40年代だったのでしょうか。
 監督の藤田敏八はもちろん、脇役の伊丹十三、吉田日出子、藤田弓子、片桐夕子、村野武範・・・、みんな、そんな時代の寵児だったように思います。
 昭和シリーズ。ちょっと辛くなってきたかな、2作目にして。(笑)さて、この後、何を見るかが問題ですね。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト


 昭和の名画を見直そうと思っています。そこで、まずは「昭和枯れすすき」。タイトルからして、これ以上にない昭和の映画かと・・・。(笑)
 さくらと一郎が歌った名曲?「昭和枯れすすき」。このヒット曲から生まれた企画物の映画と軽く見ていましたが、原作は結城昌治の「ヤクザな妹」、脚本が新藤兼人で監督は野村芳太郎と、本格的な映画です。そして、主演は高橋英樹と秋吉久美子。池波志乃、伊佐山ひろ子、下条アトム、鈴木瑞穂などが脇を固めています。ひし美ゆり子がちょっとした役で出ていたりして、なかなか、味わい深いキャスティングです。
 作品の感想は「シネマッド・ファミリー」の映画日記に書こうと思いますが、とにかく昭和を満喫しました。最近、「3丁目の夕日」等の懐古趣味的な作品がもてはやされていますが、当時の映画を見れば無理なく昭和気分に浸ることが出来ます。当たり前のことなのに、どうしてみんなそうしないんでしょう。
 それと、韓流映画やドラマが相変わらずの人気ですが、昭和の映画を見ると韓流ドラマの原点を見ることができると思います。彼らは、この時代の日本映画をお手本にしているのではないでしょうか。「昭和枯れすすき」も、そのまま韓国映画に出来そうです。
 1975年・・・。いい時代だったのか、どうだったのか。私にとっては、大人の世界がちょっとずつ見え始めた頃で、秋吉久美子がとても魅力的な時代でした。
 ということで、秋吉久美子シリーズで、次は「妹」を見る予定です。 
クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。