青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


三谷幸喜監督の新作映画。
 実は2週間ほど前に見ていたのですが、時間がなかったので今日までほったらかしていました。
 見終えた直後の感想・・・。「あー面白かった。」
 そして、現在の感想・・・。「どんな映画だっただろう・・・。」

 まぁ、だからいいのだという風にも思うのですが、三谷映画を見たときの感想は、いつもこんな感じになります。「12人の優しい日本人」「ラヂオの時間」「みんなのいえ」「笑の大学」(「竜馬の妻とその夫と愛人」は未見)を見たときも、不満はないのですが、「あー面白かった。」以上のものはありませんでした。今回は・・・と期待したのですが、やはり今回も同じ結果で、なぜなんだろうと考えてしまいました。
 そこで思い至ったことは、結局、三谷幸喜という監督は自分がかつて見た面白い映画をなぞっているだけなのではないだろうかということです。そのなぞり方というか真似の仕方がとても上手なので、見せるのはとても上手い。でも、新たな世界を作るだけの破壊力のようなものがないために、良くも悪くも心に残るものがないのではないでしょうか。
 三谷幸喜は、自分自身が昔見たこんな映画(今回はグランドホテルスタイルのドタバタ喜劇)がもう一度見たくて、この映画を作ったのではないでしょうか。だから、この映画の一番のファンは三谷幸喜自身ではないかと思います。それを見せられる我々も、三谷幸喜という素晴らしい感性の持ち主が選んだ題材を、三谷幸喜という天才的な脚本家が上手にシナリオを書き、三谷幸喜というのりにのった演出家の人脈によってこそ実現する驚くようなキャスティングで映画化された映画だから、面白くないわけがなく安心して見に行くことが出来る。映画監督としての三谷幸喜が、まだ進化の途中ではあっても、芸達者の役者たちの演技合戦を見ているだけでも楽しめるわけです。
 キャストの中では、香取慎吾が素晴らしいですね。スケールの大きさでは当代随一の役者であると思いました。続いて西田敏行。スゴイの一言です。このパターンの役所広司にはもう飽きてしまいました。松たか子もこんなものかな。それに比べてYOUが良かった。思わず「誰も知らない」を見てしまいました。それと篠原涼子には勢いを感じました。今なら何をやってもうまくいきそうですね。でも、そろそろ飽きられてきたかな。ここらでひとつ代表作に出会えるといいのですが。
 家族と一緒に見に行ける映画としてとてもいい作品だと思います。このような映画がコンスタントに作られると日本映画も安泰なのですが。そのような映画作りをめざしているのなら、三谷幸喜こそ最適の映画作家だと思います。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト


 「今さら何を」と言われそうですが、ようやくこの映画を見ました。

 まず、私はこの映画が大好きです。ずっとこの映画の世界に浸っていたいと思うほどです。時間の都合もあって、途中で何度か中断しようと思ったのですが、とうとう最後まで見てしまいました。(当たり前のことですが)
 何なんでしょう、この吸引力は。淡々と進んでいくドラマから目を離すことが出来ません。4人の子どもたちの何気ない仕草が、愛おしくてたまりません。言葉の一つ一つが心に染み渡っていきます。

 でも、ふと気がつくと、私はとてもいらついていました。ラスト30分ほどは、いても立ってもいられないほどイライラしていました。そして、もって行き場のない怒りに似たものがこみ上げてきました。このいらつき、怒りは母親に向けられたものでしょうか。そうではありません。では何にむかって?

 かつて見たイタリア映画のような、美しく哀しくそして可笑しい映画です。久々に”映画”を見た気がします。

 もう一度見るかなぁ・・・。切なすぎるなぁ。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ


 とうとう、最終回になってしまいました。うれしさと寂しさが・・・。このような気持ちを過去3回味わってきましたが、今回もズシンと重いものがあります。「24 Ⅴ」は、いつ見られるのでしょう。(笑)

 ということで、ドラマは解決するのですが、それがなかなか円満に解決とはなりません。完全にⅤシーズンを意識した終わり方で・・・。そんなの有り?という感じです。
 それにしても、最後の最後まで楽しませてもらえますね。参りました。あんこがはみ出しそうな鯛焼きみたいです。
 トニーとミッシェル。また会えるかな?
 クロエ。あなたはCTUにはなくてはならないキャラに成長しましたね。ジャックの愚痴を本気で聞こうとしているのはあなただけです。(笑)
 ドリスコル。心に負った傷を癒して復職できるでしょうか。
 オードリー。あなたにCTUはきつすぎますね。
 その他、新しいキャラたちも次第に成長してくれたので、ドラマが進行し夜中から明け方になるにつれ頼もしくなってきました。

 Ⅴシーズン。
 パーマーが再び大統領になるような気がするのですが。ローガンではダメです。断言します。(笑)
 そして、またまたマンディが何かやらかしてくれそうな。絶対でしょう。(笑)
 出来るなら、キムとチェイスにも復活して欲しいなぁ。

 などなど、いろんな思いを綴ってきました「24 Ⅳシーズン」以上で終了いたします。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ 


 マンディ登場!
 かつて、ジェット機を吹っ飛ばして自らはパラシュートで脱出し、遊説中のパーマー大統領と握手して毒を塗るという荒技で暗殺を実行した伝説の女マンディ。そのインパクトの強さたるやニーナに匹敵すると思われる彼女が、満を持して登場しました。いやぁ、なかなかいいですねぇ。非情なヒットマンの匂いがプンプンしています。
 今回は、トニーとミッシェルの愛がまたクローズアップされていました。トニーの命と引き替えに裏取引をマンディに迫られ苦悩するミッシェル。これは同様の状況でミッシェルを救い逮捕されたトニーの過去と重ね合わされています。さて、ミッシェルの判断は・・・。
 一方、中国の動きがドラマを一層ややこしくしていきます。中国の非難に耐えきれないローガン大統領。まったく情けない男です。そして、とうとう、領事館襲撃のアリバイが崩されてしまい・・・。
 中国を本気で仮想敵国に仕立て上げようとしているのでしょうか?そんな気さえする悪意に満ちた描かれ方でした。同じアジアの人間として、ちょっと・・・ですね。つまり、そう考えてみると中東の人たちにしてみれば「24」は本当に気分の悪いドラマだということですね。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ


 ステルスタイプのミサイルが、米国全土を射程距離にして発射され、いつ爆発するのか分かりません。着弾点を特定するにはマルワンから聞き出すしかないのですが、そんなこと言うはずもなく。そして、また逃げられてしまいます。
 ※今回の24は、CTUのつまらないミスが目立ちます。
 そして、マルワンの携帯電話の履歴に、ヘラー国防長官の息子(オードリーの弟)の名前が・・・。なぜまたここに彼の名が!?弟の尋問をジャックがすると知り、何とか止めさせようとするオードリー。彼女はジャックの尋問のすさまじさを知っており、また、職務上やむを得ない判断とはいえ、夫を死なせたジャックを許してはいなかった。オードリーの説得、父の尋問によって彼の口から語られた真実は・・・。(これもまた、アメリカが抱える問題のひとつか・・・。)
 そして、いよいよ彼女が登場します。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ


 リーの拘束に成功したジャックですが、中国側の誤射によって中国総領事が死んでしまいます。そのことで米中関係が困難な状況に。そして、頼りない大統領がまたもや・・・。
 しかし、リーの証言でマルワンの居場所が判明。現場に乗り込むジャックたち。あっけなく捕まってしまうマルワンですがそんなに事が簡単に進むわけもなく、核弾頭を搭載したミサイルが発射され・・・。
 核ミサイル発射が、今シリーズのクライマックスと思いきや、あと3時間も残して発射されてしまいました。でも、どこをねらったのかが分からない。このようなミサイルが現実に発射された場合、どう対処するのでしょうか。
 米中関係は、これほどデリケートなんだということを宣伝しているのかなぁ、このシリーズは・・・。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ


 衝撃の第10巻。
 今回一番の悲劇的な展開でした。任務を遂行するためとはいえ、ここまでするのかというジャックの行動。しかし、振り返ってみればこれまでの危機を乗り越えてきたのは、ジャックの非常な決断と行動でした。前回、人の上に立つ人間は決断が出来なくてはならないと書きましたが、このような決断をしなくてはならないのであれば、その役を引き受けることは出来ないなと・・・。
 現在、どれだけの国家的な指導者がそのような決断をすることが出来るのか。時に「人でなし。」になれるのか。いや、人でなしになるのは現場の人間だけなのでしょうか。
 ジャックの孤独はさらに深まっていきます。
 また、大統領を代行するパーマーも窮地に。中国との関係を描くところ等は、現実の米中関係が色濃く反映しているようです。中東の次に米国が気がかりな存在として、中国が大きな存在になりつつあることが、このドラマからもよく分かります。
 「24 Ⅴ」の仮想敵国は、もしかしてアジアの●●かも知れません。
 しかし、哀しいなぁ・・・。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ


 人の上に立つということは、決断をするということ。
 この大統領(と呼ぶにふさわしくないことは明白だが)の下に、国家・国民があるということは悲劇という他はない。決断できない人物は、人の上に立ってはいけません。
 そこで、ようやくの登場です。パーマー元大統領。この人が画面に出ただけで圧倒的な安心感が伝わってきます。この人(役者)本当に選挙に出たら州知事くらいは当選してしまうかもしれません。(笑)
 大統領の判断ミスでまたも窮地に追い込まれるジャックたち。しかし、そうなればなるほど彼に対する現場の信頼度は増すばかり。なぜなら、彼は的確に判断し、素早く行動し、確実に成果を上げる男だから。ところが、恋人や家族にしてみれば、それはそれは受け入れがたいことでもあります。ジャックが使命を全うすればするほど、彼の周りには人はいなくなってしまいます。トニーがジャックのことを「最後にただ一人残った友人」だと言っていましたが、ジャックにしてもトニー以外に仲間はいないのかもしれません。だから、トニーに助けを求めたのだと思います。(でも、そのトニーに対してでさえ本当に心を開くことが出来ない孤独地獄・・・。)
 クロエが大活躍です。まさか彼女の銃撃シーンが見られるとは。本当にブツブツ文句を言いながら仕事をする彼女は素敵です。(爆)

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ


 大統領にどのような人間がなるべきなのか、これは単にアメリカの問題だけではなく今や世界全体の問題であると思うのですが、もし、このドラマのような形で不適当な人間がその地位についたとしたら・・・、背筋が凍る思いがします。
 しかし、ブッシュ政権になってからのアメリカの様子を見ていると、このドラマが嘘っぽくないのがもっと怖ろしいことなのかもしれません。9.11で傷ついたアメリカの威信は、不安となり、狂気となって迷走するアメリカを作りつつあるように思います。そして、それがそうなることによって利権を手にする一部の売国奴の演出であったとすれば・・・。
 何でも有りの「24」(=CTU)も、人権擁護団体の力には勝てない・・・。これも現実社会を痛烈に皮肉っているように思います。人権を守ることは絶対的に大切なことですが、それを逆手にとって犯罪に利用されるとすればこれほどの悲劇はない。
 国家とは、大統領は・・・。今回は、様々なことを考えさせてくれました。
 しかし、核弾頭があんなに簡単に強奪される国には住みたくないなぁ。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ


 エア・フォース・ワンが墜落した。大統領も・・・
 しかし、テロにはまだ続きが。”核のフットボール”が砂漠に落ちた。それを拾ったのは、キャンプをしていた夫婦。善良な市民である彼らは警察に通報し、回収のために砂漠に向かっていたジャックと連絡を取るようになる。一方マルワンもこれをねらっていた。ジャックとマルワンの争奪戦に巻き込まれるふたり。
 同時に、新しい大統領が宣誓を。その傍らには、懐かしいあの男が・・・。しかし、この大統領大丈夫なのかなぁ・・・。ということで、パーマー登場か?
 手に汗握る展開でした。しかし、善良な夫婦を疑いもなく信じ、”核のフットボール”のパスワードまで教えてしまうとは、緊急の事態とはいえちょっとあり得ないのではないかなぁ。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ


 いやぁ、参った。このような展開は予想していませんでした。
 しかし、冷静に振り返ってみると、早くからこの結末は予想できていたはずです。なのに、その時まで気づかなかった。つまりこれは、私の中に「そんなことはあってはならない。」という意識があったのだろうと思います。「あってはならない。」しかし、それをしてしまうから「24」なのでしょうね。と、一人納得。
 ところで、あと数時間を残してのクライマックス。この後どのような展開になるというのでしょうか。DVDのジャケットなどにパーマーもと大統領の姿が・・・。彼は、一体どのようにからんでくるというのでしょうか。
 まったく予想が出来ない展開になりました。

 とにかく参った。面白い!

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ


 今回は、ストーリーのつなぎの部分のようでした。
 パイロットとその家族を殺したマグワンですが、それが命取りに・・・。パイロット家族に捜索願が出てしまい、それをCTUに気づかれないようにジャックを使ってCTUを攪乱しようとします。結果、ジャックは解放され・・・。予定外の行動をすると、そこから計画にほころびが生じてしまい、全体が狂ってくると思うのですが。それにしても、あまりに簡単にジャックを手渡したことが意外でした。彼を殺さないから、全て失敗に終わるのに。それでは「24」が終わってしまうのですが。(笑)
 クロエがいい味出しています。本人も認めている”気にさわる発言”もキレまくっています。
 さぁ、今回のつなぎが次回にどのように活かされるか。気合いを入れて見ましょうか。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 テレビブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。