FC2ブログ

青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・



星野氏、巨人の監督就任を否定。
正直、ホッとしました。これで来季も日本のプロ野球を見ることが出来ます。なぜって?巨人のベンチに星野監督が座っているなど、何があっても考えられなかったからです。
星野氏が大学卒業時のドラフトで、巨人の指名を希望し、巨人がそうしてくれることを信じていたことは知っています。そして、まさかの指名落ち。その後、巨人を倒すことに己の存在意義を見出してきたことも周知の事実で、巨人は何度痛い目に遭わされたことか。まぁ、このように巨人に牙をむく選手がたくさんいたからこそ、当時のプロ野球は面白かったし、それでも勝ち続けた巨人は本当に強かったということなのですが。
その、アンチ巨人の総大将のような星野氏が巨人入りする・・・。それも、選手としてではなく監督として。あり得ない!許せない!
過去、同じような因縁を持った選手が、巨人入りしたことはあります。金田、清原・・・等。それは、選手であったからまだ許せた。しかし、星野氏は監督です。巨人のやり方を批判し、打倒巨人の先頭に立って人気を得た選手であり監督です。その彼が、どうして巨人へ!?
現在の情けない巨人を立て直すために最も適当であると、巨人のオーナーたちフロントが判断したということですが、こんな巨人にしてしまい、野球をつまらなくしてしまった最大の責任者であり、一番代えるべきは渡辺老人ではないか。決して、監督や選手ではないはずです。※堀内監督は代えるべきだとは思いますが。
とにかく、我が巨人に牙をむいて人気を得た男が、今さら巨人を立て直すために一肌脱ぐ等という話、生粋の巨人ファンとしては許される話であるはずはなく、もしそんなことになったら、ヤンキースの松井と四国アイランドリーグの応援に専念する覚悟であったわけです。
しかし、今回の星野監督騒動で、日本のプロ野球に見切りをつけた人は多いでしょうね。あまりにも馬鹿馬鹿しくて。

では、来季巨人の監督は?

原しかいないでしょう。この事態を治めることができるのは。
もしダメなら、広岡・森コンビに託してみてもいいですよ。絶対にあり得ないと思いますが。(笑)
スポンサーサイト