青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
あらすじ NHK:HPより

即位前、自分の元へ酒を配達に来た幼い娘がチャングムであることを思い出した中宗。チャングムとの縁を感じ、より信頼感を深くする。今一度チャングムに願いをたずねる中宗に、チャングムは活人署(ファリンソ)への異動を願い出る。

活人署(ファリンソ)での初日、チョンホが仕事の前に立ち寄ってくれていた。しかし素っ気ないチョンホに、チャングムは不安を感じる。

チャングムのいなくなった宮中では、水剌間(スラッカン)、内医院(ネイウォン)ともに立て直しを図っていた。水剌間(スラッカン)では新しい最高尚宮(チェゴサングン)が選ばれることに。

そんな時、皇后がチャングムを宮中に呼び戻す。皇后は、皇太子の義弟となる自分の息子キョンウオン王子の行く末を案じていた。チャングムに助けを求める皇后。皇后の真意を知ったチャングムは思い悩み、活人署(ファリンソ)にチョンホを訪ねる。一方、皇后とチャングムの会話の一部を立ち聞きした中宗は、ある決断をする。

pic_49c.jpg


先週の予告を見ての予想が、思いっきり外れてしまいました。
でも、良かった。
大評判の第48話より、今回の方が私は好きです。

まずは思わせぶりなチョンホの素振り。
これは何か・・・と思ったら、単なるたわいもない復讐!
思いっきりズッコケました。(笑)

次に、チャングムとの不思議な縁に気づいた王様。この喜びように、もしや王様・・・と思ったのですが、これはゲスの勘ぐりでした。(恥)

活人署(ファリンソ)へ異動したチャングム。膿を口で吸い出すシーンなんかは、さすがと納得。やはりこのように一心不乱に働く姿がとても似合います。

そこへ、皇后からの命令。皇后の立場も分かるのですが、それをすればまた悪夢の繰り返しで、チャングムが引き受けるわけもありません。でも、恩人である皇后の命令。悩むチャングム。そして、命をかけて皇后の命令を断るチャングム。このシーンは、チャングム名場面の中でもトップクラスですね。苦悩の表情の中に見られる揺るぎない信念。素晴らしいの一言です。

チャングムと皇后のやりとりをたまたま聞いてしまう王様。(このあたりの展開が素晴らしい。)皇后の考えを知りながら、皇后をどうすることもできない宮中の難しさ。王様はチャングムを呼び出して皇后の命令を聞き出そうとします。ここでもチャングが見せた思慮深さ。その後、彼女を王の主治医に任命しようとする王様の気持ちがよく分かります。命をかけても明かせてはいけない秘密を守る人間。男であろうが女であろうが関係ありません。チャングムこそ、反対を押し切ってでも主治医にすべき人物です。

そして、チャングムはチョンホを探して走ります。こんな時こそそばにいて欲しいのに!私を連れ去って!
クーソーッ!うらやましゾ!チョンホ殿!!
このラブ・シーンも、名場面集の上位にランキング!(笑)

今回のチャングムはとても人間的で、深みのあるドラマでした。

さて、来週。ヨンセンが!!!
止めてくれ!と叫んでしまいそうな予告編でした。
来週こそ、予想を裏切って欲しいのですが。
スポンサーサイト


ヤンキースvsブルージェイズ戦でのこと。
ランディー・ジョンソンが審判への暴言?で退場。トーリ監督と主審が話し合っている時に、バックに流れていた曲。おやっ?耳になじんだこの曲は・・・。でも、そんなことあり得ない!
なんとその曲は、清原のテーマ曲「とんぼ」(by長渕剛)だったのです。場所はロジャース・スタジアム。なぜ?
もしかしたら、代打清原の登場か?なんて。(笑)

しかし、どうしてカナダの球場で、それもメジャーの試合でこの曲が流れるのでしょうか。日本人のお客さんに対するサービスならば(きっとそうでしょう)徹底しているなぁ、と感心しました。
そして、来季ブルージェイズは清原を獲得するぞ!という日本に向けたメッセージだったとしたら・・・。(笑)

さて、どれだけの人がこの曲に気づいたでしょうか。
あらすじ NHK:HPより

チョンホにともなわれ姿をあらわした医局長ユンス。あわてたオ・ギョモとチェ女官長は互いに罪をなすりつけ、その結果、これまでの悪事を暴露しあうことに。報告を受けた中宗は今回の件を左賛成に一任。チョンホはパンスルの屋敷を捜索し、パンスルを捕らえる。

一同の取調べが始まる直前、チェ女官長が逃亡を図る。宮中内に潜み、尚宮(サングン)たちに助力を求めるが、応じるものは誰一人いなかった。チャングムはチェ女官長に自首するよう勧め、チェ女官長は今一度ミョンイの墓前に向かう。

取調べが終わり、それぞれの刑が決まった。クミョンはチャングムにあるものを手渡す。刑に服するクミョンに、最後の声をかけるチョンホ。答えるクミョン。

中宗は、自分の病を明かし、オ・ギョモらの悪行も明かしたチャングムにほうびを遣わし、チャングムに願いをたずねる。チャングムには三つの願い事があった。

pic_48b.jpg

かねてより、凄い凄いと聞いていた第48話、やっぱり凄かった。(笑)
タイトル通り(というか、どうにかならないのでしょうか・・・このタイトル)チェ一族は見事に崩壊してしまいます。
女官長!ここ数週間はあなたが主役でした。そして見事な最期。この死に方なら、誰も文句は言わないでしょう。まぁ、これまでのことを考えると処刑されても・・・とも思いますが、最後の暴れっぷりに免じて許してしまいましょう。彼女のファンも多いとか。これでみんな納得かと。
クミョンの今後は「これからのお楽しみ」にしても良いのでしょうか。もう一花咲かせてもらえたらと思います。チャングムが一時的なチェゴ・サングンになって、その後またクミョンが・・・とも思ったのですが、さすがにそれは無理ですね。
今週のヨンセンは毅然としていて素晴らしかった。スゴンとしての威厳もでてきました。
チェ・パンスルも熱演でしたね。韓国ドラマだー!(笑)と思いながら見てしまいました。オギョモも然り。
それにしても、女官長の回想シーンには参りました。彼女と母とハンサングンにこのような美しい思い出があったとは。見事なシナリオですね。
pic_48a.jpg

そして、チャングム!
今週はひときわ美しかった。
泣いても笑っても怒っても・・・、どのような姿も完璧です。
王への三つの願いも素晴らしいかった。なるほど、その通りだと思いました。そして、ひとときのチェゴサングン。この姿をどれほどの人が夢見ていたことか。チェゴ・サングンの席に座って、泣き母を思い涙するチャングム。幼かった頃の自分を思い出すチャングム。ハンサングンを思い、また涙するチャングム。そのすべての場面に、ウンウンと頷いてしまいます。名場面のオンパレード状態!でも、チャングムがチェゴ・サングンになったのは母の無念を晴らすため。その後医女に戻ったチャングムの、また美しいこと。(笑)

 でも、これほどまでにスッキリ解決してしまって、これからどうなるのでしょう。予告編から推察するに・・・王がチャングムに思いを寄せて・・・。いやいや、そんなこと。でも、皇后のあの表情は?そして、王はなぜチャングムを主治医に???
 来週も目が離せません。

 ※医局長(妻子あり)とヨリの行方は・・・。うーん、気になる。(笑)


星野氏、巨人の監督就任を否定。
正直、ホッとしました。これで来季も日本のプロ野球を見ることが出来ます。なぜって?巨人のベンチに星野監督が座っているなど、何があっても考えられなかったからです。
星野氏が大学卒業時のドラフトで、巨人の指名を希望し、巨人がそうしてくれることを信じていたことは知っています。そして、まさかの指名落ち。その後、巨人を倒すことに己の存在意義を見出してきたことも周知の事実で、巨人は何度痛い目に遭わされたことか。まぁ、このように巨人に牙をむく選手がたくさんいたからこそ、当時のプロ野球は面白かったし、それでも勝ち続けた巨人は本当に強かったということなのですが。
その、アンチ巨人の総大将のような星野氏が巨人入りする・・・。それも、選手としてではなく監督として。あり得ない!許せない!
過去、同じような因縁を持った選手が、巨人入りしたことはあります。金田、清原・・・等。それは、選手であったからまだ許せた。しかし、星野氏は監督です。巨人のやり方を批判し、打倒巨人の先頭に立って人気を得た選手であり監督です。その彼が、どうして巨人へ!?
現在の情けない巨人を立て直すために最も適当であると、巨人のオーナーたちフロントが判断したということですが、こんな巨人にしてしまい、野球をつまらなくしてしまった最大の責任者であり、一番代えるべきは渡辺老人ではないか。決して、監督や選手ではないはずです。※堀内監督は代えるべきだとは思いますが。
とにかく、我が巨人に牙をむいて人気を得た男が、今さら巨人を立て直すために一肌脱ぐ等という話、生粋の巨人ファンとしては許される話であるはずはなく、もしそんなことになったら、ヤンキースの松井と四国アイランドリーグの応援に専念する覚悟であったわけです。
しかし、今回の星野監督騒動で、日本のプロ野球に見切りをつけた人は多いでしょうね。あまりにも馬鹿馬鹿しくて。

では、来季巨人の監督は?

原しかいないでしょう。この事態を治めることができるのは。
もしダメなら、広岡・森コンビに託してみてもいいですよ。絶対にあり得ないと思いますが。(笑)
あらすじ NHK:HPより

自殺した医局長ユンスの遺書の存在を巡り、疑心暗鬼のチェ一族とオ・ギョモ。チェ女官長は意を決してチャングムを訪ね、ミョンイの墓前に案内してもらう。

一方、ヨンノの心変わりに気付いたチェ一族はオ・ギョモ側の意図を知り、ヨンノをいち早く探し出す。ついにオ・ギョモへ反旗をひるがえすチェ一族。とくにチェ女官長はクミョンとチェ一族を守るため、あらゆる火種を消しにかかる。

中宗は医局長の遺書をチャングムが持っていると聞き、内侍府(ネシブ)の長官に入手を命じる。また、チェ女官長から聞かされた皇太后もチャングムを呼び出し遺書のありかを問い詰める。チャングムは真実を皇后に打ち明けることに。

ヨンノの告発により、免職処分になったオ・ギョモ。そんな時、ヨリがユンスの遺言を役所に届け出た。あらためて取調べを受けるオ・ギョモ。そこへ内侍府(ネシブ)の長官が現われ、王命を伝える。アヒル事件の関係者を再度、全員取り調べよ、とのことだった。


pic_47c.jpg


 すべてが嘘で塗り固められ、権力をねらう者達の微妙なバランス関係で成り立っていた宮中が、ここにきて一気に崩壊していく様が描かれていました。・・・どこかの国のどこかの○○みたいだ。(笑)
 
 チェ一族vsオ・ギョモ。
 激しいなぁ。でも、結局チャングムに振り回され自滅しているんですよね。もがくほどに深みにはまっている・・・。
 それにしても女官長が凄い。目的のためには手段を選ばない彼女は、ターミネーターのようです。いや、あの激しさは「24」のニーナに例えるべきでしょうか。憎らしいけど、悪役に徹すれば徹するほどに却って魅力がでてきた所など、まさにニーナかと。ちなみに、私はニーナのファンでした。(笑)
nina3.jpg
※ニーナです。

 ヨンノ!
 可哀想なヨンノ。死んでしまったとなると、なぜか可哀想です。ヨンセンの気持ちがよく分かります。でも、彼女のことだから、実は死んでいなかったりして・・・。予告編を見る限り、何でも有りになってきましたから。(笑)

 しかし、毎度のことながら、予告編はサービスしすぎです。あのシーンを見せてしまってはいけないでしょう。(笑)


pic_47a.jpg


 そして、今週のチャングムですが、医局長の遺書をめぐって窮地に立たされます。まぁ、これまでのことを思えば大したことはないのですが。(笑)そして、いよいよ大どんでん返しを!・・・それは来週のお楽しみですね。
 今週は、少し活躍の場面が少なかったように思うのですが、あと数週でお別れかと思うと、どのシーンも見逃すまいと必死になってしまいます。このドラマ、永遠に続かないものでしょうか。

 さぁ、来週はチェ一族が崩壊・・・。クミョンがどうなるのか、心配で一週間眠れそうにありません・・・。

あらすじ NHK:HPより

チャングムの治療により、中宗は視力を取り戻す。病名はユンスと同じながら処方が異なった理由を説明するチャングム。一同は感嘆し、オ・ギョモはユンスから医局長の座を取り上げ、自らの保全と巻き返しを図る。病気の真相が明らかになったことから、クミョンとチェ女官長への嫌疑も晴れ釈放されることに。チェ女官長は早速、自分たちを積極的に助けてくれなかったオ・ギョモに詰め寄る。

チャングムはヨンセンを通じて、中宗に拝謁。ハン尚宮(サングン)の名誉を取り戻してくれるよう訴えるが……。

医局長の座を追われ、身の処し方に思い悩んでいるユンス。チャングムはチョンホと一緒にユンスを訪ねる。今回の件で誤診が明らかになった以上、アヒル事件についてもユンスの証言を得たいチャングム。時を同じくして、チェ一族がユンスの自宅に刺客を送り込む。


pic_46a.jpg


 今週は比較的落ち着いてみることが出来ました。(笑)

 チャングムが処方について説明をする姿は、本当に聡明そのものでウットリとするほどでした。イ・ヨンエならではの演技だと思います。他の役者だと決してこうはいきません。(断言)
 日本で、この役を演じることができる役者がいるでしょうか?思い浮かばないですよね。よく、吉永小百合に例えられるイ・ヨンエですが、チャングムは吉永小百合ではないように思います。では、誰か・・・?どなたか良いアイデアがあれば教えて下さい。

 医局長の死は、この時代ではやはり避けられなかったのでしょうか。しかし、妻と幼子が泣き崩れる姿を見て、この男にも家族がいて守るべき家庭があったのだ・・・と思うと傷ましくてなりません。今の日本も、自ら死を選ぶ同世代の父親が後を絶たちません。生きていて欲しかったなぁ。「あんなに可愛い娘を残す理由など、どこにもないぞ!」と言ってやりたいですね。

 チェ一族とオ・ギョモとの対決も面白くなってきました。ここでヨンノが鍵を握る存在としてクローズアップされるのですか。なるほど。(笑)この日のために、彼女は存在していたのですね。そして、両派の板挟みになったヨンノが駆け込む先がチャングムの所だったと。なるほど。(笑)今回は納得させられる展開です。

 チャングムがチェゴサングンを「ねぇ、クミョン。」と呼んだときは、ゾゾーッとなりました。(少々大げさ)この2人の場面は、やはり名場面になりますね。2人は仲直りしなくてはいけません。チャングムは最高の医女に。そして、クミョンは最高のチェゴサングンにならないといけないんです。なぜなら、チャングムやハン・サングン、チョン・サングンの思いを受け継ぐことができるのは、クミョンしかいないのですから。それは、今回チャングムがクミョンに言ったように、クミョンもハン・サングンの教えの通りにスラッカンを経営していることからも分かります。

 いよいよ最終回へのカウント・ダウンが始まり、これまでもつれにもつれた糸が次第にスッキリと一本の糸にまとまりつつあります。先週のことを思えば、油断は出来ないのですが。(笑)さぁ、来週は?もう、一週間が長すぎます!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。