FC2ブログ

青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・



 このドラマが面白い。
 最近のドラマの中では出色の出来ですね。ストーリーがしっかりしているし、役者もみんな魅力的。演出もとても新鮮でいて安定感があります。そして、週を追うごとにだんだんと面白くなっていく。どれをとっても素晴らしい。
 特に、若い役者たちが本当に素晴らしいですね。鈴木杏、相武紗季、岩佐真悠子 、佐津川愛美、錦戸亮、田口淳之介・・・、このドラマから、これからのスターがたくさん出てくると思います。
 振り返れば、時代の節目節目に、このように未来を予感させる青春ドラマが生まれているように思います。「俺たちの旅」「ふぞろいの林檎たち」「白線流し」「ひとつ屋根の下」・・・。最近では「ウォーター・ボーイズ」がそうした作品だと思いますが、「がんばっていきまっしょい」もその一つに数えても良いと思います。
 今週は、相武紗季がとても良かった。彼女の今後が明るいことを確信しました。近い将来、彼女が主人公のドラマが作られると思います。スクリーンにも耐えられる女優に育ってほしいと思います。
 つまらない学園ドラマが多い中、このような清々しい作品が大いに認められることを祈ります。
スポンサーサイト





 この人がブラウン管に登場すると、私は一瞬硬直して見入ってしまいます。なぜ?(笑)
 水沢蛍。「世界不思議発見」のミステリーハンターとして、それともファブリーズのお母さんとしてご存じの方も多いはず。いや、どうかなぁ・・・。(笑)
 私は「クォーク」のCMで彼女と出会ったように思います。その時の軽い衝撃・・・。そして、「ファブリーズ」で再会。その時の大きな衝撃!「なんだ?この人は!!!」でした。
 なぜって、不思議じゃありませんか?あの嘘っぽさ。何をやっても現実から遊離しているとしか思えないような不思議な空気が、彼女のまわりにはあるように思います。こんな感覚、彼女以外の人からは感じ取れません。
 この人を主人公に映画が撮りたいなぁ・・・なんて思うのですが、彼女にふさわしい台本が書けないだろうなぁ。5分や10分なら耐えられるけど、120分あの感じを維持するには、よほどしっかりとした世界観を持って作品を作らないと。それだけの力量、私にはありません。(当然)
 それにしても、この人にはもっと出てきてほしいなぁ。きっと隠れたファンはいっぱいいると思います。コメディーかホラーでないと適役は見つからないかも知れませんが、こんな女優を活かすドラマを作る、才能ある監督はいないものでしょうか。
 やっぱり、彼女の不思議さがピッタリはまる、ミステリーハンターが適役なのかなぁ・・・。

 彼女の情報をお持ちの方は、どうかこのblogにお寄せください。お願いします。