FC2ブログ

青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

あらすじ(NHK:HPより)
医女たちによりヨンセンの脈診が行われる。医女たちは皆、ヨリの診断と異なり高血圧の診断を下す。シン・イクピルから問い詰められたヨリは、あくまで貧血と高血圧の見分けがつかなかったと主張。妊娠に関わる誤診のため医女にあるまじき未熟さと、シン・イクピルはヨリの恵民署(ヘーミンソ)への更迭をユンスに訴える。一方チャングムはヨリにチェ女官長への伝言を告げる。
アヒル事件の真相を明らかにするために、あの時中宗が倒れた真の原因を突き止めたいチャングム。医学を学んだ今、チャングムは誤診の可能性が最も高いと思っていた。王族には病歴の記録簿が残されている。しかしそれは王室の内密事項に関わるため、チャングムの立場では閲覧できない。チャングムは記録簿のある内書庫(ネソゴ)へ入る手段を思いつき、強行する。
チャングムとチョンホが日ごとに脅威となってきたチェ一族。ある企てを思いつくが、チェ女官長はクミョンに決断をゆだねる。クミョンはある思いを胸に、民家にチョンホを呼び出す。
中宗の身体に異変が起こる。いつもの傷寒症を発症したようだった……。

 pic_42c.jpg

 クミョンが哀しいですね。
 あの、マントのようなものを羽織って歩く姿がとても美しく、なおさら哀しさを際立たせます。クミョンの決意、今後彼女がどのように変わっていくのか、怖ろしくもあり楽しみでもあり。

 チャングムは相変わらずです。(笑)無茶をするにも程がある。ハンサングンやチョンサングン、さらには母への思いを考えれば、彼女の気持ちも分からないわけではないのですが、それにしても思い込んだら一途すぎて・・・。今回は長官が助けたくれたから良かったようなものの、来週にはまた処刑の危機に・・・。

 イ・ヨンエは今回もパーフェクトでした。もう、ここまで来るとチャングムだかイ・ヨンエだか区別が付かなくなってしまいます。ふとした表情、手の震え、後ろ姿までチャングムの怒りと哀しみを伝えてくれます。神懸かり的演技ですね。
 ※だから新作映画で「親切なクムジャさん」を選択したのでしょう。あまりにもチャングムになり切りすぎたから。

 ジョンホ。うーん、自分があのような立場になったら・・・。絶対にあり得ないから考えるのは辞めときましょう。でも、あの夜の闇の中、なぜクミョンを探したのでしょうか。彼はクミョンの何に気づいたのでしょうか。

 さて、来週は最大の理解者である皇后が、チャングムに厳しい処罰を言い渡すようです。この危機をどう乗り切るのか?
 一週間が長すぎる!
スポンサーサイト