FC2ブログ

青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

f-sc-060508-3311.jpg

 日本が北朝鮮に勝ってワールドカップ一番乗り!
 この予選を振り返ってみると、日本はまだ1敗しかしていないんですよね。そして、めでたく本戦出場を決めたわけで、文句なしというところです。
 そこで、私が強く言いたいことは「ジーコに謝れ!」ということです。
 彼のチーム作り、ゲームでの采配をとやかく言う人は多いのですが、これほどの結果のどこを見ているのか。彼によって、日本代表は大人のチームに生まれ変わり、どんなに苦しい状況にあってもきちんと自分の仕事が出来る選手が育ってきたのではないか。
 トルシエの時の選手は、彼のコマであって、最後はそんな自分たちに嫌気がさした選手たちが自らの判断で闘い始めて、やっといいチームになったと思うのですが。あの時はそんなチーム作りが必要だったのかもしれませんが、今、トルシエが監督をして誰が彼の言葉に耳を傾けるか。
 そして、ジーコ。彼は選手をとても大切にしています。自ら選んだ代表選手には最大限の敬意を持って接し、マスコミやサポーターからの批判を一身に受けて選手を守っている。戦術にしても自分のスタイルを押しつけるのではなく、選手個々の能力を最大限に活かそうという哲学を感じます。それは、超一流のプレイヤーであった自らの経験がそうさせるのであり、自分が受けてきたと同じ敬意を持って選手に向き合っているからと思うのです。
 だから、選手たちが監督に意見をしたときも真摯に耳を傾けている。そして、采配に反映させていく。トルシエなら考えられなかったことではないでしょうか。
 さて、どちらの監督がいいのか。結局は好みの問題と思いますが、私ならジーコのような監督の下でプレイしたい。自由もあるが甘えは許されない。自分の力を信じてくれるかわりに、その力を出し切ることを求められる。最も働きがいがある現場だと思うからです。
 これまで、ジーコを批判してきた人たちに言いたい。
 「ジーコに謝れ!」
 私たちはもっと敬意を持ってジーコ監督をサポートすべきではないでしょうか。ワールドカップは、ジーコを信じて、最高のニッポンサッカーを創造していきましょう。
スポンサーサイト