青空侍のシネマ徒然日記

映画や音楽について、徒然なるままに・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 どういう基準でこの賞は選んでいるのかと思います。受賞者自身が首を傾げるこの結果。まったく、だから日本アカデミ-賞はいつまでたっても映画ファンから支持されないのだと思います。

 とにかく、どうして助演女優賞が宮本信子じゃなくてもたいまさこなのでしょうか。「かもめ食堂」の時と比べて、「それでも・・・」での彼女は正直何の印象も残っていません。あれは彼女の映画じゃないと思います。それに比べて「眉山」は、宮本信子の映画でした。堂々たる演技です。今年は絶対宮本信子にあげるべきでした。

 どうして、助演男優賞が柄本明じゃなくて小林薫なのでしょうか?それならいっそ、いい加減に香川照之を選ぶべきではなかったでしょうか。小林薫の演技のどこを評価したのでしょう。分からない・・・。

 どうして、主演男優賞が加瀬亮じゃなくて、同じ役を相変わらずベタベタに演じた吉岡秀隆なのでしょうか?この選考は、日本中がひっくり返ったと思います。吉岡自身の困惑・・・。彼は分かっていたのでしょうね。今回はもらうべきじゃないと。これは、前回最優秀に選んだことを正当化するためにもう一度選んだんじゃないのか・・・とさえ思います。どう考えても変な選考です。日本アカデミ-の歪んだ実態を象徴していますね。どうせならオダギリ・ジョ-を選べばスッキリしたのに・・・。
 
 どうして、脚本賞・監督賞・作品賞が「東京タワ-・・・」なのでしょうか???????

 そして、どうして「夕凪の街 桜の国」が全く無視されているのでしょうか?

 昨年、「フラガ-ル」が認められたことで、日本アカデミ-の体質も多少は改善されてきたのかと期待していたのですが、結局は身内のお楽しみ会ですね。つまらない。

 これまでもひどかったのですが、今年はあきれ果てて、途中から情けなくなりました。TV局に頼り切っている日本映画、邦画バブルもそろそろ弾けてしまいそうですね。

 クリックをお願いします。
にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト

言い過ぎだと思います。
「東京タワー」はとてもいい作品だった。てか観たんですか?てきとーなこと言うなってかんじです。
ゆがんでいるのはアカデミーじゃない!あなたです!
性格直せば?

2008.02.16 17:36 URL | マキシ #- [ 編集 ]

 ご指摘ありがとうございます。
 ここに、映画に対する私の思いなどを書きましても、なかなかご意見を頂けない故、独り言のような状態になっていました。それだけに、私の意見に対するご批判、有り難く承ります。

 ところで、「東京タワー」についてですが、私は劇場で観させていただきました。この映画に対する私の感想は、当ブログの4月14日に書かせていただいておりますので、よろしければご一読下さい。
 そこにも書いたことなんですが、「東京タワー」がダメな映画だと言うつもりは全くありません。この映画での樹木希林は素晴らしかったと思います。主演女優賞は当然彼女がとるべきであると考えておりました。特にオカンがボクに手を引かれて横断歩道を歩くシーンは、日本映画の名場面として語り継いで欲しいと思います。

 でも、今回のアカデミー賞では、脚本賞・監督賞・作品賞は、他にもっと素晴らしい選択があったのではないかと考えます。
 作品賞が決定したときのオダギリ・ジョーや樹木希林の表情が、それを物語っているのではないでしょうか。ちなみに私の意見としては、今年は「それでもボクはやってない」が受賞するだろうと予想していたのですが。

 映画賞については、それぞれ独自の判断基準があるものでしょうから、それはそれで仕方がないとは思います。と同時に、観客である我々が賞レースをあれこれと予想して楽しんだり、その結果を批判したりするのも仕方がないというか、当然のことであると考えます。

 日本アカデミー賞というのは、その名前ゆえにどうしても日本を代表する映画賞であって欲しいと勝手に期待してしまいます。そこに問題があるのかも知れませんが・・・。

 ところが、過去の選考を振り返ると、大手映画会社と近年特に製作に名を連ね始めたTV局の思惑が、かなりの影響力を持っているとしか思えません。そういう意味で、昨年の「フラガール」の受賞は、独立系の映画が認められたことで大いに評価し、今後に期待を抱かせたのです。

 そして、今年。「夕凪の街 桜の国」など、本当に素晴らしい作品であり日本映画が世界に誇れる映画であるにも関わらず、大手映画会社やTV局のバックアップが得られなかったがために無視された作品が本当に多いという現実があります。
 これでは、日本映画は育ちません。

 TVで全国的に授賞式が放送される、そういう意味で最も影響力のある映画賞。それだけに、本当にその年最高の作品、キャスト、スタッフを選んで欲しいと願うばかりです。映画人にとって真の誇りある賞に育てることこそが、明日の日本映画を育てるのだと思いますから。

 以上、日本アカデミー賞に対する私の思いです。

2008.02.16 19:58 URL | kiosk #TA/AMLng [ 編集 ]

TBありがとうございました!
僕も「東京タワー」は大好きな作品だったのですが
あれだけ日テレ絡みの作品が選ばれると脱力しちゃいました。
仰っていることはほぼ同感です。
やっぱり「日本アカデミー賞」という名前を付けている以上
ある程度納得できる選考をして欲しいですね。

2008.02.17 00:41 URL | こーいち #SFo5/nok [ 編集 ]

なんで、なんで「東京タワー」?
これってなかよしクラブの投票ごっこなの?
と思っていた矢先でしたので、
「身内のお楽しみ会」の一言に、
溜飲の下がる思いがいたしました。

2008.02.17 23:58 URL | ちかおばちゃん #- [ 編集 ]

 こーいち様

 もうそろそろ「日本アカデミー賞」という名に恥じない賞になって欲しいですね。そうすることができないのなら、アカデミーという名だけは外すべきだと思います。
 映画ファンにとって、アカデミーというの


 ちかおばちゃん様

 同じ思いを持っている方がいてくれるということは、本当に心強く、身体の芯の部分が少し熱くなるような感じがします。
 日本アカデミーの会員の方にも、同じ思いの人がいてくれることを祈るばかりです。きっと同志がいると信じます。(笑)

2008.02.18 22:27 URL | kiosk #TA/AMLng [ 編集 ]

日本アカデミー賞ってのは関係者の投票なので、強力な組織票が発生する。内輪の祭りのような投票結果になってしまうのは仕方ない

日本バカデミー賞日本バカデミー賞
日本バカデミー賞日本バカデミー賞

2008.02.22 07:02 URL | #- [ 編集 ]

どこのベスト10にも入らない作品が2007年の頂点に立ったw

2008.02.22 07:04 URL | #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kiosk770.blog4.fc2.com/tb.php/273-06ae1c83

日本(テレビ)アカデミー賞発表。
日本アカデミー賞が発表されましたね。毎年、賞自体にはそんなに期待していないのですが(笑)、やっぱりテレビで授賞式が見れるということで楽しみにしています。でも賞には期待してないと言いつつ、昨年は割と納得の結果(こちら)だったので、ちょっと変わったのかなと...

2008.02.17 00:27 | アンディの日記 シネマ版

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。